民法改正による不動産賃貸への影響は? 遅延損害金編

民法改正による不動産賃貸への影響は? 遅延損害金編

具体的にどこがどう変わったの?

年5%(商法6%)の固定制だった法定利率を年3%に引下げをし、以降3年毎に見直す変動制となります。

今後の対策

賃貸借契約の家賃滞納の遅延損害金については、契約書上で利率を記載されていれば、その利率が適用されるため、さほど影響のない改正内容であると言えます。

一覧ページに戻る

お問い合わせ

ご相談・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ電話番号:03-5521-1350

受付時間:9:00〜18:00 (月〜金)

お問い合わせ